なぜベトナムなのか?

少し前から行われていた中国・インドでのオフショア開発は、人件費の高騰や政治リスク等を理由に急速に東南アジアにシフトします。その中でも安い人件費と、エンジニアの多さ、投資環境の整備が進んでいるべナムは有力視されているのです。

さらに、ベトナムは以下のような特徴をあげることが出来ます。

他国と比べて低コスト

今までオフショアの主流だった中国・インドの2分の1から3分の1の単価が予想されます。具体的には、プロジェクトリーダークラスで30万円程度、通常のプログラマで20万円程度が相場です。

勤勉な国民性

ベトナム人は明るく友好的で、勤勉で責任感のある国民性を持っていて、アジアの国の中でも特に真面目に働きます。また、向学心が旺盛で、常に語学や技術の勉強を欠かしません。

エンジニアになるのは優秀層

ベトナムでは優秀層の多くの学生がITエンジニアになることを希望します。エンジニア職として就職する人材は必ず、ITやコンピュータサイエンスなどの学部を出ているため、情報技術に関する基礎をしっかりと学んでいます。

国民の親日感情と国家としての政治的安定

日本製品や日本企業に対するリスペクトがアジア諸国の中でも特に高いといえます。中国の事例から考えると、国家間関係はビジネスにおいても極めて重要な点の一つと言えます。また、ベトナムは社会主義共和国家で共産党一党独裁という体制ながら政治は安定しており、政治的なリスクが低いと考えられます。

 

 

ラボ型開発

オフショア開発を成功させるには、オフショア開発チームとの長期コミットが必要です。弊社はオフショア開発の理想の形態として「ラボ型開発」をご提案します。

弊社の考える、ラボ型開発に向いている案件

  • 同一のシステムをある程度の長期間、保守開発する
  • しっかりとしたウォーターフォール工程での開発フェーズ
  • 仮決めの仕様でまずは作り、要望に合わせて作り変えるアジャイル開発

いわゆる、「SES契約のオフショア版」をラボ型開発と呼称しております。ただし、通常のSES契約とは異なる点も多々ございます。

SES契約との違い

大きく異なる点としては、御社常駐ではなく、海外サイト常駐でのリモート作業となります。また、文化や言語の障壁がありますので、スムーズに工程をすすめるために、設計書およびチケット駆動での管理となります。

メリット

  • 国内開発者に比べ30~40%のコストダウンを見込める
  • 仕様書が無く新規メンバーの追加や引き継ぎが困難といった事態を防ぎやすくなる
  • 安価にメンバーを追加することが出来る

デメリット

  • オンサイトではないので、機微なコミュニケーションが難しい
  • 仕様の伝達が日本人同士に比べ困難
  • 複雑で極端に小さい作業は依頼するコストの方が高い

※ただし、デメリットに関しては、すべて仕組化することで解消可能です。

 

 

EVERRISE VIETNAMの強み

ベトナム最大の商業都市であるホーチミンにオフショア開発拠点がございます。

国内の技術者と比べても高い技術力

日本国内での大規模システム開発にも耐えられるような技術、開発手法をベースに、教育を実施しております。

日本でのデファクトスタンダードである、Java+Seasar2フレームワークをメインの開発環境としており、全技術者が標準で利用できるようになっております。

ソーシャル系システムや広告系システムで培ってきた高負荷、大量データでの処理をさばくために、クラウドサーバベースでの技術ナレッジがあり、それをベトナムチームにも共有しております。

日本のサポート体制が充実

日本国内に拠点を持つEVERRISEだからこそ、日本側メンバーをサポートとして提供することが可能となります。(オプションサービスになります)

また、弊社での受託開発にも、ベトナムチームを多数利用しており、やり取りのナレッジが日本側メンバーにも溜まっております。

開発ツール、開発ルール、プロジェクトテンプレートなど、日本側とベトナム側で、共通のものを利用しており、無駄なコミュニケーションやプロジェクト進行上のリスクも削減できます。

標準化された開発プロセス

ベトナムのラボチームを、弊社での受託開発にも利用しており、生産性を向上させるため、日本とベトナムとのやり取りを標準化しております。

具体的には、共通の設計書フォーマットの利用、開発プラットフォームの統一、課題管理ツールでの運用ルール、進捗管理・報連相のルール化、etc そういったナレッジをご提供することが可能です。(オプションサービスになります)

当然、弊社ルールをベースにカスタマイズいただいても結構ですし、御社の独自ルールで実施いただくことも可能です。

得意分野・強み

得意な開発領域

  • Web系システム
  • 各種ソーシャルアプリケーション
  • スマートフォンネイティブアプリケーション
  • HTML5アプリケーション

メイン利用の言語

  • Java(フレームワークはSearch2を利用)
  • Android Java、Objective-C(iOS)
  • Web関連スクリプト(HTML5、jQuery等)

主な利用インフラ

  • Windows、Linux系サーバ
  • AWS EC2などのクラウドサーバ

強みのある技術、ミドルウェア

  • Apache、Tomcat
  • Oracle、MySQL、分散Key-Valueストア
  • Hadoopによる大量データ処理
  • レスポンシブによるマルチデバイス対応
  • etc

※他技術についても、対応しております。
お問い合わせ、ご相談ください

 

 

契約の流れ

契約はすべて、日本のEVERRISE社と契約していただくことになります。

ベトナム企業との直接契約をしなくてもいいため、為替や契約不履行のリスクがなくなります。

まずは、弊社窓口に問い合わせいただければ、ご提供可能なベトナム側の人員を調整し、ご提案書を作成させていただきます。

※ご提案までに、3~5営業日ほど、お時間をいただく場合がございます。

日本側での契約が済みましたら、即座に実際の開発作業に着手していただくことが可能です。

作業着手前に、ベトナムとの開発プロセスの詳細ご説明を差し上げる事が可能です。

まずは、弊社標準のプロセスを試していただき、その後に、御社プロセスに合わせてカスタマイズしていただく事をお勧めいたします。

Flow_JP

 

 

価格・プラン・オプション

価格

プロジェクトリーダー : 30万円 〜/月
プログラマ      : 20万円 〜/月
通訳         : 20万円 〜/月

通常、プロジェクトリーダーとプログラマ数名と通訳という構成でご契約いただきます。